返済が遅れるとどうなるのか

消費者金融で借りたお金の返済は、期日までにきちんと行わなくてはいけません。返済が遅れるという情報は消費者金融側だけでなく、信用情報機関という所にも記録として残ります。

 

この情報は各種ローン会社やクレジット会社なども調べられるので、消費者金融だけでなく、今後の様々なローンの審査に影響を与えてしまいます。逆にクレジット会社などでは、消費者金融の借入れや返済がきちんとしていると、それが逆に信用となり、審査に通りやすくなる場合もあります。

 

悪い情報があると消費者金融よりも審査が厳しくなる銀行にはさらに通りづらくなってしまい、低金利で評判の良いオリックス銀行カードローンの審査にも当然ながら大きな障害となります。

 

もしも消費者金融の返済が遅れてしまったら、取り立てが心配だという人もいるでしょう。消費者金融の返済を実際に遅らせてしまうと、メールや封書、電話などでお知らせが来ます。余程のケースでなければ訪問は基本的にありません。もしもお知らせが来ても、それからきちんと返済を行えば、改めての取り立ての連絡などはきません。信用情報に傷はつきますが、数日程度であればそれ程深刻ではありません。

 

ただし、1カ月以上の深刻な遅れであれば、遅延損害金の請求なども馬鹿にできない金額になります。現在の消費者金融では直接取立てに来るようなケースはほぼありませんが、今後ローン関連は組めなくなると覚悟した方がいいかもしれません。

 

もしも事情があって返済が遅れる場合には、こちらから先に連絡をした方が、解決策について相談してもらえます。