嘘の申告は何故バレるのか

消費者金融申込み時には審査があり、申告内容を基に返済能力を判断します。審査を通すために嘘の申告をする人も後を絶ちませんが、嘘の申告がバレてしまうと、お金を借りられなくなってしまいます。

 

嘘の申告をしても簡単にはバレないと思う人もいますが、審査時には申告内容に虚偽がないかどうかも調べられます。嘘の申告で多いものの1つに、現在の借入れ状況があります。他社での借入れなら申告しなくてもよいだろうと思うかもしれませんが、こういった嘘はすぐにバレてしまいます。

 

消費者金融側には、信用情報機関に情報開示を求めるという手段があり、現在どこでいくら借りているのかを調べるのが可能です。そのため、嘘の申告をしてもすぐにバレてしまうのです。

 

また、勤め先の情報で嘘をつく人もいますが、これもバレてしまいます。勤め先の情報については、ぞの職場に在籍しているかどうかを電話で直接確認します。在籍していないのが判明すれば、これも虚偽の報告と判断され、審査に落ちてしまいます。

 

ちなみに電話で確認するといっても、職場に電話を掛ける時に、消費者金融名は漏らしません。あくまで一個人名として電話をかけてくるので、電話で消費者金融の申込みがバレるわけではありません。

 

例え少額を借りるとしても、正しい情報で申込みを進める必要があります。大きな金額ではなければ消費者金融の手続きは適当でも良いと考えている方もいますが、それは審査落ちの原因ともなってしまいます。

 

各地で手続きが行える消費者金融のカードローンキャッシングを無駄なく進めるためにも、申込みの際には大阪で借りる消費者金融を参考にしながら、正しく審査に通過ができるようにしておきましょう。